新着アイテム一覧
カテゴリーから探す
レディース
フットウェア
バッグ
アクセサリー
ウェディング
ジュエリー
コスプレ
インナー
メンズ
キッズ
ファー
新入荷特集(9月)
ホーム > ご利用ガイド > 豆知識 > 各種類の革服の保養常識3
各種類の革服の保養常識3
毛皮製の服は普通の場合、6℃-8℃の低温の下、四塩化ビニルでドライ・クリーニングする。洗濯時、光沢剤を入れて、洗濯後、片付ける。
毛皮製服の保養、毛皮の表面と毛皮が特性があり、換気と乾燥注意。それはその表面と毛皮の主要成分が蛋白質で、じめじめした環境で、表面が腐りやすい、毛皮が虫に噛まれる。箱に保存する前に、専業の洗濯屋に送って保養する。服の汚れと塵を消す。塵の中で多量のバイ菌があり、長期服に付く。それは蛋白質の硬くなると損害を起こす。着る時、五つの注意がある。雨濡れ注意、湿っぽくないよう注意、日注意、摩擦注意、油汚れ注意。
光面革はよく乳液に脂入れて、着色保養する。着色保養は革の違う艶によって、革にむらがなく着色保養する。軽度の障害或はあるどうしても消せない不備を隠せる。上塗りをあでやかにさせ、平均で細かい。
次の文章:男性パンツのサイズの換算の参考表
商品検索

  1. wholesale PaypalVerify
  1. 卸売衣類